日時:9月15日(日)13時~14時30分

講師:小野道夫

場所:下北沢聖書教会

入場無料・予約不要
(世田谷区社会福祉協議会への自由募金にご協力ください。)

日本の団塊の世代が75歳を迎える2025年には、65歳以上の認知症の方たちは700万人、軽度認知障害の方も含めると3人に1人が認知症という、認知症爆発の時代がやってきます。

どなたにとっても決して無縁のことではなく、また社会全体にとっても大きな挑戦であるといえます。

ご家族がかかりつけ医とともに、すぐにでも最善の認知症診療に当たることができる方法をご一緒に学んでまいりましょう。

 

<講師略歴>

1976年東京医科歯科大学卒業後、フロリダ大学、チューリッヒ大学で微小脳神経外科解剖の研究、東京大学にて博士号を取得し、ブラジル、アルゼンチン、ザンビアにて脳神経外科の診療、教育を続けながら、ボランティアで各種の途上国医療支援を行う。

ハーバード大学で国際保健の研究後、ネパールでの地域保健開発プロジェクト、インド・ケララ州での地域緩和ケアプログラムに参加。

2004年帰国後、救急医療研修を経て、高齢者の健康管理、認知症の診察に従事。

現在は鎌倉市額田記念病院「こもれび外来」担当医として、認知症診療にあたる。